ディヴィッド・ジェロームコレクションより 非処理モゴック産ルビーリング 2.54ct ダイヤモンド0.49ct ホワイトゴールド

ピジョンブラッド

 

セッティング; 三段階のピラミッド型 アールデコ 幅広のシャンク

  • 18K ホワイトゴールド使用 英国式の刻印あり
  • ヴィジュアルトップのサイズは 25mmx30mm
  • ごく幅広のブレスレッドタイプのバンド 長方形のモチーフ柄 リストバンドスタイル
  • センターストーンは コーナーに当たる4か所を 1つづつの爪で押さえる
  • 総重量0.49ct 124粒のダイヤモンドで装飾 ダイヤモンドに関する紛争とは無関係の国からの供給
  • リング総重量は 5.13g
  • サイズ US7 変更承ります

124粒のブリリアントラウンドのダイヤモンドで美しく装飾された、ブレスレッドスタイルのバンドが特徴的です。シンメトリックなアールデコスタイルのデザインが オーバルのセンターストーンとバランスよく組み合わされています。

見た目は重厚さに反して 5グラム程度の比較的軽めのリングになっています。

 

宝石

  • 非処理ピジョンブラッドビルマルビー 2.54ct
  • オーバル 8.13x5.66x2.97mm
  • カット: ブリリアント/ステップ
  • 色のグレード: エクセレント
  • 色の濃さ: ミディアムダーク75
  • 色むらなし
  • 透明度: LI
  • カットのグレード: ベリーグッド 英国内でのプレシジョンカット
  • 深さ: 52%
  • 輝き度: 50%
  • ビルマ・モゴック産

一切の処理加工はありません

 

鑑別書: WGI 9624103050

 

総合評価: エクセレント 

 

伝統的、伝説的なビルマ産ルビー、いわゆるピジョンブラッドと称されるカラーです。ピジョンブラッドという言葉は世界中で使われすぎ、いったいどんな色かもわからないままに有名になってしまっていますが、説明すると、わずかなバイオレットを含んだとても濃厚なレッドということになります。画像でもご確認いただけますね。

ジュエリーについては WGIのレポートを取得済みですが、ご希望であればほかの機関からも取得いたします。

カットはほぼ完ぺきです。もともと上部表面ににあたるぶぶんには 自然の結晶があり、多くは削り落とされました。

肉眼では見えませんが、指で触れてみると名残というか 筋のようなものを感じることができます。この類については、宝石の裏の部分にある限り、宝石取引において 傷とはみなさず、マイナス要因としてカウントしません。このルビーの場合はかなりアウターガードルのところですが、表の部分に位置していますので、傷とは別物とわかっていても 気になるところでしょう。拡大した画像では 右側のコーナーあたりに見えます。肉眼で見えなくとも、このように写真で見ることができる場合があります。

ポイントは それを承知し、考慮したうえでも、このルビーの完成度の高さに余りがあり、石の評価が揺るがない、というところです。

非処理、色抜けなし、肉眼で内包物は見えない透明度、世界でもっとも名高いルビーの産地から届いたマスターピースです。

 

 

ディヴィッド・ジェロームコレクションより非処理モゴック産ルビーリング 2.54ct ピジョンブラッドカラー 0.49ct ダイヤモンド ホワイトゴールド使用
¥8,625,000
カートに追加
  • 10日前後1